テントを立てよう!

2017.05.27 Saturday 【活動の報告

今日はテントを立てる、テントを片付ける訓練活動でした。
ガールスカウトでは少女たちだけで自分達が寝るテントを立てられるようにします。

この場所(西部緑道公園オープンスクエア)は、私たちの住宅地のすぐそばにある広場です。

今回は、ジュニアはパトロール毎にドームテントを立てました。
シニアが1名ずつ補助に入りました。

ジュニアの中でも5、6年生は何度か経験がありますが、4年生は初めての挑戦です。

ブラウニーは全員でリーダーと一緒にA型テントに挑戦しました。

 

0527-11.jpg

 

0527-12.jpg

 

A型テントで15Kg、ドームテントで25Kgぐらいの重さがありますが、

駐車場から立てる場所まで自分達で協力して運んでいきます。

そして、立てる場所を決め、小石や大きな枝を取り除き、テント用品を出します。

部品の数が揃っているか、ペグが曲がっていないか、

どんなふうに折りたたんで入っているかを注意深く見ながら出していきます。

最後に確認するため、部品の数は紙に書いておきます。

 

0527-13.jpg

玄関ポールを立てるジュニアとヤングリーダー

 

0527-1.jpg

ブラウニー。テントを背にしてペグを打ちます。

金づちを持つては素手、ペグを持つ手には軍手をはめます。

 

ペグを刺す位置、ペグを打つ時、内テントを立てる時など、

たくさんの注意点に気をつけながら作業を進めました。
ブラウニーも慣れない手つきながら、一生懸命、金づちでペグを打ち込んでいました。

 

0527-2.jpg

 

0527-4.jpg

初めてテントを立てる4年生ジュニア。

 

0527-3.jpg

 

ようやくテントが立って、中で少し休憩。
ブラウニーはロープを使って本結び、インク結びの練習をしました。

 

0527-8.jpg

自分達のテントの中で休憩中のブラウニー。

 

0527-9.jpg

パトロールでドームテントが立ちました。

 

0527-10.jpg

本結びとインク結びをするブラウニー。シニアがお手伝い。

 

0527-7.jpg

ジュニアの3パトロールのテントが立ちました。

 

天候が悪くなってきたので、ロープを切り上げ、テントの片付けを開始。
パトロール毎に役割りを分担して、効率よく進めることを考えながら作業しました。

ペグをきれいに洗い、部品の数の確認、テントを畳みながらぞうきんで拭き、

元通りに袋に収めていきます。最後はリーダーのチェックを受けました。

 

テントを片付けた後、リーダーが竹で作った旗揚げ、シュラフを干すロープを見ながら、

どんなロープの結び方を使っているかを聞きました。
ロープ技術の目標は自分でそれらを作れるようになることです。

シニア、レンジャーになったら身につけてほしいですね。

 

 

さて、次回の6月は一泊二日の宿泊基礎研修です。
全員でやくそくとおきてを覚え、

「他の人のために役立つ」技術を身につけていきます。
そして、もちろん楽しい体験も計画しています。

 


世界一大きな授業

2017.05.18 Thursday 【活動の報告

13日(土)の活動は少し難しい「世界一大きな授業」を行いました。

 

SDGs(持続可能な開発目標)のゴール4で目指している

「質の高い教育をみんなに」について考えてみようという内容です。

ガールスカウトは、この教育プログラムを活動に取り入れています。

 

20170513-1.jpg

 

まずは「世界一大きな授業」クイズを部屋の四隅を使って考えてみました。

・世界ではどのぐらいの子どもが小学校に通っていないでしょうか?
A)5人に1人(およそ1億4000万人)
B)11人に1人(およそ6100万人)
C)25人に1人(およそ2700万人)
D)50人に1人(およそ1400万人)
・・・答えはB)11人に1人

こういったクイズを一人一人が考えてA〜Dを選んで四隅に移動し、
答え合わせをしながら、世界の教育の現状を理解していきます。


次に、識字の大切さを学ぶアクティビティをしました。
デバナガリ文字で「ネズミ用の毒」「熱さまし」「栄養」と書いた

ペットボトルに飲み物が入っています。

私たちはその文字を知りません。

そこでお話しが始まります。

「お母さんが高熱をだして苦しんでいます。けれど村にお医者さんはいません。

村にただ1つ薬を置いている家にもらいに行きましたが、その家の人は留守でした。

戸棚に3種類のボトルがあるだけで、文字を知る人は誰もいませんでした。

あなたはどのボトルを選びますか?」

という問題をパトロールに出し、話し合って薬だと思うボトルを1つ選んでもらいました。

 

20170513-2.jpg


そして、代表者が選んだボトルの飲み物を飲んでみました。

(薬・・・砂糖水、水・・・普通の水、毒・・・塩水)

「毒」を選んでしまったのが2グループありました。

 

文字を知らないと、そしてその文字の意味を知らないと、

毒を飲んでしまい命を落とすおそれがあるということを学びました。


文字を知る、文字の意味を知る、計算ができる、ということを「識字(しきじ)」といいます。

そして、日本では識字率は高いですが、

アジアの一部や、アフリカの南部では現在でも識字率が低い国があります。

 


次に「ちがいのちがい」というアクティビティをしました。

グループ毎にカードに書かれている内容について話し合いながら

「あってもいいちがい」か「あってはいけないちがい」か「どちらともいえない」

の3つに分類していきました。

その時、どうしてそう思うかの理由も聞きながら分けていきました。

 

20170513-5.jpg

 

その後、全員で振り分けたカードの違いを見つけ、その理由を聞き共有しました。

これはとても難しい作業でした。

 

20170513-4.jpg

 

20170513-3.jpg


自分たちが普通に考えれば「あってはいけないちがい」だと思うけれど、

その国ではそれがあたりまえなら「あってもいいちがい」ではないか、という意見が出ました。

 

世界の現状をこのカードで知りながら、

教育を受ければ、それが「あってはいけないちがい」であることを知る。

人権を侵害している内容はどんなことでも「あってはいけないちがい」である。

私たちには教育を平等に受ける権利があるということをリーダーから聞きました。

 

最後にこの授業を受けて、感じたこと、わかったこと、

そして日本の首相に世界中の子どもが学校に通えるようになるために

お願いしたいことがあれば、用紙に書くという時間を設けました。

 

20170513-6.jpg


ブラウニーにはリーダーがそばにいてわかりやすい言葉で説明をしましたが、

少し難しい内容だったかもしれませんね。

でも、昨年度から団で行っているガラクタの山プロジェクト2は、

使用済み切手の回収した資金が、アジア、アフリカの医療従事者を育成する事業を

支援している活動なのだと聞きました。

自分たちにできる支援を続けていき、

教育のことを少しでも考える時間を持つのは大切なことだと思います。

 

20170513-7.jpg


活動の最後に少し時間を取って、ロープ結びの復習をしました。
体験のお友だちにはリーダーやスカウト達が教えてくれました。
ロープ結びになるとブラウニーもいきいきと挑戦。

体験のお友だちもこの活動の後、2名が入団となり新しい仲間が増えました。

 

さて、次回の活動はキャンプに向けての野外でのテント訓練です。

しっかりテントが立てられるでしょうか。

 


入団式、フライアップ式、緑の募金

2017.04.24 Monday 【活動の報告

今日は28団の入団式、フライアップ式を行いました。

 

20170422-1.jpg

 

昨年度の1名を含めた新しいメンバーのチーフ授与、オレブさんへの献灯などをしました。

 

20170422-2.jpg

 

20170422-3.jpg

 

引き続き、各部門のフライアップ式でした。

今年度はレンジャーからのスカウトが2名、新リーダーになってくれました。

一緒に活動してくれて、とてもうれしいですね。

 

20170422-4.jpg

ジュニアにフライアップしたスカウト達。

 

20170422-5.jpg

今日の参加者で記念撮影です。

 

セレモニーの後で、昨年度のバッジを受け取りました。

20170422-6.jpg

 

20170422-7.jpg

 

その後、今年度のパトロール決めを行い、

自分たちでパトロールリーダーを相談して選びました。

 

後半は3か所に分かれて場所を移動し、緑の募金活動に1時間行きました。

 

20170422-8.jpg

 

20170422-9.jpg

 

20170422-10.jpg

 

20170422-11.jpg

 

お天気は良かったですが、風が強く肌寒い日の募金活動でした。

募金合計金額は15706円でした。

この募金はガールスカウト福井連絡協議会を通じて、

福井県緑化推進委員会に届けられます。

 

募金にご協力いただきました皆さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

 


シニアレンジャー集会(4月)

2017.04.20 Thursday 【活動の報告

今年度1回目のシニア・レンジャー集会でした。

まずは昨年度のレンジャーが取り組んでいた「ガラクタの山2プロジェクト」の

使用済み切手や外国コインを集めて支援団体に送る活動を継続するかを話し合いました。

 

20170419-1.jpg

 

3月に送った団体から資料が届き、みんなで読んでみました。

 

2016年度は、バングラデシュへ看護師、理学療法士、タンザニアへ医師の計3名の派遣ができたこと、

インドネシア、ネパール、バングラデシュ、ウガンダ、タンザニアの現地保険医療従事者43名への

奨学金支援、そして現地団体との協働プロジェクト(タンザニア、カンボジア、ケニア)を行ったそうです。

 

また、私たちが送った使用済み切手は11トンになり、

外国コインや書き損じはがきとともに約2300万円の換金を果たしたそうです。

 

成果があったことを実感し、このプロジェクトは団で継続することになりました。

さて、新しいプロジェクトとしてスタートするので、

次回はスカウト達が具体的なスケジュールや目標を設定してくれることになります。

 

20170419-2.jpg

 

 


測定法・ロープ訓練、お花見だよ、山に登ろう!

2017.04.08 Saturday 【活動の報告

今日は新年度1回目の活動でした。

カルチャーパークに集合し、

前半はガールスカウトの基礎技術の測定法とロープの訓練を行いました。

各自、自分の体の長さを測って用紙に書き込み、

その後、指定された3か所の測定を仲間と相談しながら、それぞれ挑戦しました。

 

20170408-1.jpg

リーダーと一緒に自分の体の長さを測ります。

 

20170408-2.jpg

バッジブックの用紙に書き込むブラウニー

 

20170408-3.jpg

滑り台の長さを測り、相談するジュニア。

 

20170408-4.jpg

この花壇の周囲の長さは?相談しているブラウニー。

 

測定法の後は、ロープワーク。
ブルーシートと麻紐作った簡易の屋根テントを見て、

本結び、ふた結び、自在結び(トートラインヒッチ)を使って作っている説明を聞きました。

そして、ブラウニーは前回の活動で習った本結び、インク結び、自分もやい結びを、

ジュニアは相手もやい結び、電車結びなどの練習をしました。

 

20170408-5.jpg

ブルーシートで作った屋根テント。

 

20170408-6.jpg

ロープのおさらい。覚えているかな?


ロープ練習はあまり時間がなかったので、6月の宿泊研修の時にまた行います。
たくさん覚えて、テントが立てられるようになってほしいと思います。

 

20170408-7.jpg

 

後半は、すぐ近くのおさごえ民家園の裏側の山道を登り、

小さい広場に移動しました。

ちょうど桜が満開の時期ということもあり、桜を見ながらクラフト作りです。

 

20170408-8.jpg

満開の桜の下で、軍手結びのクラフトを作っています。

 

20170408-9.jpg

 

20170408-10.jpg


クラフトを作った後は、Kリーダー手作りのクッキーのおやつをいただき、

カルチャーパークに戻りました。

雨が心配でしたが、日差しも差しこみ暑いぐらいの2時間でした。

私たちの地域は福井市の郊外の住宅地ですが、こんな素敵な山も近くにあります。

 

今日は前回の体験のお友だちや保護者も参加して、

うれしいことに新しいガールスカウトの仲間が増えました。

一緒に楽しくガールスカウト活動していきましょう!

 


ジュニア旅行に行ってきました 〜高岡→富山〜

2017.03.26 Sunday 【活動の報告

朝、6時30分に福井駅に集合し、ジュニア旅行に出発しました。

今回の目的地は富山。

今年度、6年生スカウトがいないため、

新リーダーが計画を立ててくれ、当日の引率も担当してくださいました。

 

20170326-2.jpg

 

福井→金沢→高岡→富山 と、電車を乗り継ぎが多い旅でした。

北陸新幹線が金沢まで開通したので、福井から富山へのアクセスが悪くなってしまったのです。

 

それでもお天気がよい中、高岡大仏、どらえもんの散歩道、富山城、富山市役所、

富山市立図書館、ガラス美術館と、たくさんの目的地に行くことができました。

リーダーが目的地は決めましたが、駅から地図を見ながら先を歩くのはスカウトたちです。

仲間と協力しながら次々と訪れていきました。

昼食に富山ブラックラーメンも食べて大満足のジュニアたちでした。

 

活動が大好きなジュニアが、

「夏のキャンプはいつなの?」

と質問。待っててね、キャンプの前にテント訓練しないとね。

 

20170326-3.jpg

 

 

20170326-4.jpg

 

 

20170326-5.jpg

 

20170326-6.jpg

 

スカウトの感想

●高岡大仏がとても大きく迫力がありました。富山城は前田正としが作ったそうです。

●ガラスの図書館はたくさんの本がありました。

●火事や地震で町や村はたいへんだったけれど、昔の人があきらめずに建てたので、

 今も富山は豊かになっていると思いました。

●ガラス美術館におもしろい本がありました。

●高岡大仏は三大大仏の1つだそうです。全部見たいです。

●図書館ではみんなで図鑑を見ました。読みたい本が読めなかったのが残念でした。

●富山市ガラス美術館はとてもすてきな場所でした。エスカレーターがおもしろかったです。

 あんな図書館は見たことがなかったので行くことができてよかったです。

●ジュニア旅行は初めてだったけど100倍楽しかったです。

 富山ブラックラーメンは前から食べたかったのでとても嬉しかった

●自分でお金を出して買ったりしたことがあまりなかったので、良い経験になりました。

 

 

 


体験集会「春を見つけよう!」

2017.03.25 Saturday 【活動の報告

今日はブラウニーだけの活動。

体験のお友だちもたくさん来てくれました。

 

まずはアイスブレイク。

バースデーチェーンを作って、誕生日順に並んだ後は一人ずつ話しました。

 

20170325-11.jpg

 

その後、西部緑道公園に移動し、

体験のお友だちとバディ(2人1組)になって、春を探しに行きました。

 

20170325-10.jpg

 

赤い梅の花、白い梅の花、椿の花やつぼみはすぐに見つけました。

他に小さな名前もわからない花を見つけたり、つくしを発見したり。

どんぐりの殻が割れているのも、これから芽を出す準備をしている春の姿です。

虫はまだちょっと姿が見えませんでした。

まだたくさんではないですが、自分たちでいろいろな春を見つけることができました。

 

次は公民館に戻り、ガールスカウトの7つの技術の中のロープワークです。

本結び、インク結びをロープを使って結んだ後、おやつを麻紐でゲットしました。

 

ブラウニーはロープのおさらい、お友達は初めてのロープに真剣に取り組んでいました。

 

20170325-3.jpg

 

20170325-4.jpg

 

ロープワークの後はソングです。

ブラウニーの歌を歌ったり、手遊び歌を輪になって座りながらやったり、

楽しい時間を過ごしました。

活動終了後、保護者説明会を行いました。

 

4月は募金や入団式が主な活動になりますが、

ガールスカウトで身につけたい技術は、5月、6月に行う予定です。

 


映画「未来を花束にして」を見て人権侵害を考える

2017.03.12 Sunday 【活動の報告

今日は金沢まで足を延ばし、

シニア・レンジャーと一緒に「未来を花束にして」の映画を見に行きました。

 

20170312-01.jpg


約100年前のイギリスを舞台に、

女性参政権を獲得するために社会に立ち向かっていく女性たちを描いたストーリーです。

 

 

青春18切符を利用して、普通電車で金沢まで行き、昼食後に自由行動。
その後、14時30分に映画館前に再集合して映画鑑賞しました。

 

20170312-02.jpg

 

 

映画を見終わった後、
映画の中で、女性が男性と平等でないことは何だったのかを考えました。
そして、人権のこと、人権侵害のことを話しました。
また、人権を守るために社会に必要なことは何かを考え、意見交換しました。

 

20170312-03.jpg

 

20170312-04.jpg

 

前半の自由時間ではグループに分かれて、ショッピング、武家屋敷の散策など各々が楽しみ、

後半は映画鑑賞して人権について真面目に考えるという時間も持ちました。

 

人権侵害や暴力について考える、ということを、

団の活動の中で少しずつ取り入れていきたいと思います。

 


KIZUNADAY2017 〜そなえよつねに!楽しく学ぶ防災教室〜

2017.03.11 Saturday 【活動の報告

今日、3月11日は東日本大震災の6年目です。
ガールスカウトではKIZUNADAYという名前で、

震災を忘れない、防災について考えるなどの取り組みをしようと決めています。

 

今年のKIZUNADAYは、福井市のガールスカウトが集まって防災集会を行いました。

 

20170311-01.jpg

 

20170311-02.jpg

 

まず最初に福井高専の先生から防災クイズや防災かるたを用いて、楽しく学んでいきました。

地震、津波、豪雨などは自然の力で防げないけれど、

震災、火災などの災害はみんなで意識すれば防ぐことができるそうです。
東日本大震災の前は阪神淡路大震災、

その前はなんと戦後間もなかった福井大震災だったと聞いてびっくりしました。

私たち福井県にもいつ地震が起きるかわからないと実感しました。


そして、日頃から防災の意識を持ち、

正しい判断をして行動すれば怖がることはないということも教えていただきました。
日頃から備えておくこと、私たちガールスカウトのモットー「そなえよつねに」ですね。

 

20170311-03.jpg

スリッパを作っています。

 

20170311-04.jpg

しっかりと学習した後は、高専生から新聞紙のスリッパ、

クッキングペーパーのマスクの作り方を教えてもらいました。

 

20170311-05.jpg

 

20170311-06.jpg

 

20170311-07.jpg

できあがったマスク。

 

昼食はスカウト弁当。
昼食後、スカウト達は先月のシンキングデイの時に時間がなくてできなかった

「象」のアクティビティに挑戦。他の団のスカウトを誘って楽しんでいました。

 

20170311-08.jpg

 

そして午後にもう一つのクラフトとして、ゴミ袋で作る雨用ポンチョを作りました。

ポンチョには自分で絵を描いて仕上げました。

 

20170311-09.jpg

ポンチョを着て、全員で記念撮影。

 

20170311-10.jpg

28団の参加スカウトたち。

 

20170311-11.jpg

 

20170311-12.jpg

 

室内での活動終了後、各団がJR福井駅周辺に移動して、

防災キャンペーンのバンドエイドを配布して解散しました。

 

6年が経った今でも、被災地の復興はまだまだ道半ばのようです。
私たちは震災を忘れず、防災のスキルを身につけていきたいです。


ワールドシンキングデイ2017 - World Thinking Day 2017 -

2017.02.26 Sunday 【活動の報告

今日は団のワールドシンキングデイ2017(WTD2017)を行いました。

体験のお友だち6名も参加してくれました。

 

まずはセレモニーです。
創始者オレブ・パウエルさんの写真への献灯、献花から始まりました。

シンキングデイファンドを集めた後、
2017年ワールドシンキングデイのテーマの「Grow〜広がる〜」の木の上に、

全員でアジア太平洋地域の国名の葉っぱを置き、

5つのワールドセンターをオレンジのキャンドルで表しました。

アジア太平洋地域と、世界と繋がり共に活動を広げていくことを表現しました。

 

20170225-1.jpg

オレブ・ベーデンパウエルさんに献灯、献花。司会はレンジャースカウト。

 

アジア太平洋地域の国の葉っぱをつけていきます。

 

20170225-2-400.jpg

参加者で記念撮影。


セレモニーの後、Mリーダーからインドのワールドセンター「サンガム」の写真や、

世界中のガールスカウトのシンキングデイお祝いのカードや写真を見せてもらいました。

ラクダがいる国、パキスタン、イギリス、アフリカなど本当にたくさんの国々に

姉妹がいるんだなぁと感じました。

 

20170225-3-400.jpg

昨年、インドのサンガムに行った報告。

 

ここから楽しいゲームや学びの時間です。

まずはアイスブレイクで「グランドシート返し」をしました。
3〜5人のグループに分かれ、シートの上に全員が乗ります。

シートからはみ出ないようにしながら、全員でシートを裏返しにするゲームです。

折り方を考えたり、おんぶをしたと、みんなで協力しながら取り組みました。

成功したのは半分ぐらいのグループでした。

 

20170225-4.jpg

 

次は「足跡を広げよう」

アフリカのワールドセンター「クサフィリ」について学ぶアクティビティです。
ガールスカウトには世界に4つのワールドセンターの建物がありますが、

数年前にアフリカに建物を持たないワールドセンターが誕生しました。

それが「クサフィリ」です。

今回はアフリカのどの国でクサフィリが開催されたかを知るスタディでした。

Yリーダーのヒントを聞きながら、地図の中の名前を書き込んでいきました。

 

20170225-5-400.jpg

 

20170225-6-400.jpg

世界ガールスカウトの5つの地域とアフリカのクサフィリの地図

 

学びの後は、三目並べゲームです。
3〜5人のグループに分かれ、グループ対抗で三目並べをしました。

部門を越えて、ブラウニーとジュニア、ジュニアとシニアで対戦したところもありました。
3つずつの駒を交互に並べていき、最後に3目並んだ方が勝ちです。

中にはジュニアに勝ったブラウニー、シニアに勝ったジュニアのグループもいたようです。
みんな「もう一回!」と白熱して楽しんでいました。

一人で考えるより、仲間と一緒に考えるとなかなか負けませんね。

 

20170225-8-300.jpg

 

20170225-12-400.jpg

 

最後は「創造力を広げよう」。
各自、思い浮かんだ言葉2つをそれぞれのカードに書き、箱に集めて、

その中から1枚を取り出して物語を創造して作って発表していくというものです。
リーダー、ジュニア、ブラウニー、シニア&レンジャーの4つの物語を発表しました。
最後の1人は物語を締めくくるように話しをまとめる役割りでした。

 

20170225-9-400.jpg

ブラウニーたちの創作物語。

 

20170225-10-400.jpg

 

20170225-11-400.jpg

シニアとレンジャーの創作物語。

 

アクティビティが終わり、

レンジャーから今年度、取り組んでいるプロジェクト「ガラクタの山2」の報告と

取り組む目的を説明した紙芝居を全員の前で披露してくれました。
全員で協力して集めた使用済み切手の重さは3502gでした。

5Kgを目標に集めていたので残念です。

次年度へ継続活動にするかはシニア・レンジャーと相談です。

そしてレンジャーが、今年度の協力のお礼を伝えて報告を終わりました。

 

 

今日はWTD2017活動を体験のお友だちも一緒に楽しんでくれ、

世界のガールスカウトを感じてくれたようです。

また仲間が増えるのはうれしいですね!

 

来月は3月11日にKIZUNADAYで、県内のスカウト達が集まります。

 



★記事の検索

★カテゴリー

★カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

★最新記事

★おすすめリンク

★過去の記事

★profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM