ガールスカウトの日(福井県)

2019.05.15 Wednesday 【活動の報告

5月12日、福井県連盟主催のガールスカウトの日「ありがとうの輪をひろげよう」が

福井中央公園で開催され、28団も参加しました。

 

0412-01.jpg

 

最初にいろはダンススタジオの人達のダンスを見学した後、

ガールスカウトダンスを全員で練習。

このダンスはいろはダンススタジオのRIE先生が振り付けを担当してくださいました。

 

0412-02.jpg

 

0412-03.jpg

 

ダンスの後は522人のありがとうの輪を作りました。
ガールスカウトの日は5月22日。

それにちなんで522人の参加者で輪を作りました。

輪ができたところで、さっきのガールスカウトダンス。

このダンスは全国のスカウト達にも踊ってほしいと考えています。


そして手をつなぎ、関わってくださった方々や全員に「ありがとー!」と声をあげました。
この様子はドローンで撮影しました。

 

0412-04.jpg

 

その後、JAの方から福井県産米「いちほまれ」のおにぎり配布。

おにぎりは梅干しが入った塩むすびでした。

ガールスカウトでは「ガールスカウト弁当」を塩むすびのおにぎりだけのことを言います。

 

ガールスカウト弁当を食べたら、パトロールでチャレンジタイム。

様々なブースのクラフト、わたがし、新聞紙スリッパ、防災クイズなどを回りました。
保護者の方にはパパママカフェを作り、美味しいコーヒーが用意されていました。

 

0412-06.jpg

輪を二つ使っての紙飛行機を作る

 

0412-08.jpg

ほらー、みんなできたー!

 

0412-09.jpg

飛ばしてみるよー

 

0412-07.jpg

新聞スリッパ作り

 

紙ストローを使った星のクラフト

 

0412-10.jpg

わたがし、美味しい!

 

 

28団にも体験のお友だちが数名参加してくださって、

6月からの入団を決めてくれました。(とっても嬉しいです!)

 

五月晴れのお天気ですっきりした青空にスカウト達の笑顔がまぶしい一日でした。

 

0412-05.jpg

 

 

 


春の自然を使って遊ぼう

2019.04.21 Sunday 【活動の報告

カルチャーパークにて体験活動を行いました。
お天気に恵まれて爽やかな気候の中、春の公園の植物を使ったゲームを

いくつか楽しみました。


小学1年生の体験者3名も最初は恥ずかしくてお母さんから離れられなかったのですが、
最後にはスカウトやお友達と一緒に笑顔で走り回っていました。

みんな、最初はドキドキして話すこともできないぐらい緊張しますよね。
でもガールスカウトの仲間はすごく優しいので安心してください。

 

 

最初にアイスブレイクタイム。
みんなが知っている「ジャンケン電車」で1つの大きな電車になりました。


次に、「店員さんとお客さん」。
パトロールに分かれ、1つのパトロールがお客さんです。

他のみんなは店員さんです。
お客さんパトロール5人は食べ物を1人1つ考えて、5人全員が一斉に声に出し、

それを店員のみんなが当てるというゲームです。

 

「お客さん、ご注文はなんですかー?」
「せーの、ケーキ、りんご、すいか、アイス、ぶどう」
と一斉に声に出し、わかった言葉を手を上げて発表していきました。
ジュニアの1パトロールは「チーズ、アイス、ライス・・」というように

言葉の最後が「ス」「ズ」で終わる食べ物にしたのでなかなか店員たちは答えられませんでした。

さすがジュニアです。

 

0420-01.jpg

何の食べ物にするか相談しているジュニアのパトロール。

 

0420-02.jpg

さて、どんな食べ物かわかったかなー?

 

0420-03.jpg

ブラウニーのパトロール。お友だちも一緒に出題。

 

 

次にリーダーが予め準備していた7種類の植物を20秒間見せて、

それと同じ植物を集めてくるゲームをしました。
各パトロール毎に全部早く集められたら勝ちです。
ブラウニーは体験のお友達とリーダーと一緒に公園の中を探して回りました。

 

0420-04.jpg

20秒間見て7種類の植物を覚えます。

 

0420-05.jpg

1年生たちも一生懸命春の植物を探してきました。

 

次は自分の手のひらを測定し、植物を使って1mを作るというゲームです。
これもみんなの手のひらの長さを考えながら協力して行いました。

 

0420-06.jpg

このパトロールは長い草だけで1mを測りました。

 

0420-07.jpg

測定を待っているジュニアパトロール。

 

 

最後はロールパンのカートンドッグ。
ロールパンに塩もみキャベツ、ケチャップ、ソーセージ半分をのせて、

濡れたチッキンペーパーでくるみます。

2個ずつをアルミホイルで巻き、牛乳パックにつめて燃やします。
牛乳パックが燃え尽きるとホカホカのカートンドッグの出来上がりです。

 

0420-08.jpg

 

「キッチンペーパーがくっついちゃったー。食べられるかなー?」
と言いながら、みんなで楽しそうにほおばっていました。

 

0420-09.jpg

「パンに紙がくっついてるけど食べられるかな・・・」

 

0420-10.jpg

 

活動時間が少し余ったので公園で鬼ごっこ。

広い公園の芝生の中で思いっきり走り回って楽しんでいました。

楽しみながら春の植物も学べた活動でした。

 

0420-11.jpg

ほら、最後にはみんなでこんなに楽しそうに遊んでいましたよ。

 

 


フライアップ&入団式、緑の募金

2019.04.14 Sunday 【活動の報告

14日、社南公民館にてフライアップ式と入団式を行いました。

 

0413-01.jpg

 

28団は体験活動をする前なので、今回の入団者はブラウニーの妹さん1名です。

去年から制服が着たかったので、笑顔いっぱいの入団となりました。

 

0413-02.jpg

 

そして、上の部門に上がるフライアップ式ではレンジャー3名、シニア1名、

ジュニア4名がチーフ交換をして抱負を発表しました。

 

0413-03.jpg

 

セレモニーが終わった後、

シニア・レンジャー達がKリーダーと一緒に炊きあがったばかりの厚揚げ炊き込みご飯を

おにぎりにしている間に、緑の募金へ行くグループ分けや会場の後片付けを行いました。

 

28団は毎年、3箇所のスーパーに分かれて募金活動を行います。
ブラウニーは一番近く歩いて行けるバロー。

ジュニア以上がAコープとプラント2に車で移動して向かいます。

おにぎりは帰ってからのお楽しみです。

 

0413-04.jpg

Aコープ前のジュニア達。

 

0413-05.jpg

プラント2の前でジュニアとシニア。

 

0413-06.jpg

バローの前でブラウニーたち。

 

 

約1時間ほど募金活動を終えて、公民館に戻りました。
炊き込みおにぎりと保護者の方からの差し入れのお菓子を全員で食べました。

 

その後、別室で保護者総会と続きました。


保護者総会でVAVプログラムを体験

2019.04.14 Sunday 【活動の報告

スカウト活動の後、社南公民館にて2019年度の保護者総会が開催されました。

 

冒頭でMリーダーから保護者の方に、スカウト達が取り組んでいる

VAVプログラムの一部を体験していただきました。


導入では「ストーリー」を聞き、ある登場人物が男性か女性かを判断していただきました。

皆さん、外科医という言葉ですっかり男性のイメージが浮かんだようです。


次に「家の仕事、男の仕事?女の仕事?」で、様々な仕事カードをお渡しして、

自分の家庭では男の仕事か女の仕事かをグループで分けていただきました。

 

30〜40代の保護者の方たちの家庭では8割程度、女性の仕事が多い傾向でした。

実際の統計での数値をお話する(1日の家事をする時間は女性が約7時間、

男性が約1時間で6時間の差がある)と、そんなに違うんだと驚かれていました。

 

 

0413-07.jpg

 

0413-08.jpg


 

そして、ジェンダー問題を説明し、家庭で過ごす多くの時間の中で、

スカウトたち少女の可能性を伸ばすために、「どうせ女の子だから・・・」といった固定観念や

決めつけは言わないように心がけましょうとお話しました。


なにげない日常の会話で少女が未来の自分の可能性を諦めてしまわないようにしてきたいですね。

 

その後、総会にて新しい保護者役員3名が承認されました。


今年度も一緒に協力しながら楽しい活動をしていきたいと思います。


シニア・レンジャー集会 by バイサベ実行委員

2019.04.01 Monday 【活動の報告

30日夕方から31日午前中にかけて、
丸岡でバイサベ実行委員によるシニア・レンジャー集会がありました。
今年度最後の活動です。

 

今回のテーマは「ジェンダーを知ってもらおう」

28団から実行委員2名と参加者2名が参加しました。

 

夕食、デザートを食べた後、
実行委員のアイスブレイク、VAVプログラムのアクティビティと続きました。

 

0331_01.jpg

 

●シナリオ
物語を少しアレンジして、シナリオを読み上げ、参加者に男性か女性かなどを判断してもらうアクティビティです。例えば「医者にはガールフレドがいる」という文を聞いた時、その医者が男性なのか女性なのかをイメージして質問に答えていきます。

 

●男の仕事?女の仕事?
スカウトにとって身近である学校というフィールドでの仕事の役割りを考えてもらいました。
例えば「保健室の先生」「校長先生」「用務員」「野球部のマネージャー」など15種類の役割りを

男性、女性、どちらもの3つのエリアに分けて考えるアクティビティです。

リーダー達の年代の時の学校の男女の役割りとは違って、スカウト年代の現在の学校の中は、

だいぶ男女差がなくなっているんだなと感じました。

 

0331_03.jpg

 

0331_02.jpg

 

夜は自由タイム。
パジャマに着替えて、お菓子を食べながらそれぞれにシュラフの上だったり、

テーブルだったりに集まっておしゃべりに花を咲かせタップスが終わっても深夜まで楽しそうでした。

 

翌朝、スカウツオウンの後、アクティビティを2つしました。

 

●制服のスカートを短くすると痴漢に合う確率が増える?
カンコー学生服のポスターに偏見があると社会で問題になったテーマを題材に、

グループに分かれてディベートをしました。

賛成派(ポスター擁護)と反対派(ポスター批判)に分かれて、作戦会議の後、

ディベートをしファシリテーターがジャッジしました。

賛成派と反対派を逆に入れ替えて、もう一度、ディベートを行いました。

 

●小学生の人気職業ランキングに見るジェンダー
小学生の男女にアンケートを取った人気職業ランキングを見せて、

どうして男子で上位になっている職業(野球選手、学者・博士、警察官、大工さんなど)と、

女子で上位になっている職業(食べ物やさん、看護師、保育士、歌手、デザイナーなど)が違うのかを考えました。

 

0331_04.jpg

 

0331_06.jpg

 

できるだけ身近な題材を使って、スカウトに社会に潜むジェンダーバイヤスやステレオタイプを

意識してもらおうと考えましたが、ジェネレーションギャップを感じたり、

少しずつ周りの環境がジェンダーレスになっているのだなぁと実感した2日間でした。
でも、まだまだ潜在的な意識を自覚しないことも多いと感じました。

 

このVAVプログラムは、

8月のシニア部門地区事業「SUP2019 in FUKUI」で3日間じっくりと取り組む予定です。
少女や若い女性がジェンダー問題に気づき、

身の回りのジェンダーに少しでも声をあげられるきっかけになればいいなと思っています。

 


ブラウニー集会「うどんを作ろう!」

2019.03.30 Saturday 【活動の報告
3月30日、ブラウニー集会を行いました。
お友達を誘ってのうどん作りです。
お隣の1団が活動で作っているのを見て小麦粉から作れるのは楽しそうだと思い
28団でも挑戦してみました。
バッジ「ブラウニーにまかせて」もありますね。
0330_01.jpg
材料
小麦粉(薄力粉)100g
水75cc
塩小さじ1/2
水に塩を溶かして塩水を作り、ボールに100gの小麦粉を入れ、
ボールの中に少しずつ塩水を足していき、だまができるように菜箸で混ぜていきます。
(塩水は様子を見ながら、少し減らしてもOK)
塩水を一度に入れてしまうと固くまとまらないので注意しましょう
その後、ボールからうどんだねを取り出し、手のひらでぎゅっとこねていきます。
何度かこねたら丸くまとめてラップにくるみ20〜30分ねかせます。
0330_02.jpg
0330_03.jpg
寝かせている間に・・・
ブラウニーは遊ぶのが大好きなのでゲームを3つ。
●ブラウニーからリクエストの伝言ゲーム
簡単バージョンと難しいバージョンをしました。
0330_04.jpg
●南極のしろくまゲーム
新聞紙の上に4人ずつ乗り、リーダーとジャンケンをして負けたら
新聞紙が小さくなっていきます。新聞紙に全員で乗ることができたらセーフ。
二人ずつおんぶしたり、みんなで手をつないだりしながら工夫をしていました。
●ワニの川を渡ろうゲーム
中央が川でワニがいるので落ちたら危険。
川の片方の端からもう一方の端まで新聞紙をちぎって全員が川を渡れたら成功です。
新聞紙を手で裂けるのは2回だけ。
最初に作戦会議をして、どんなふうに裂いて渡るかを話し合います。
一度終わったら、新聞紙を裂くときのヒントを与えて、もう一度挑戦します。
なーんだぁ、リーダー、それを先に教えてよー」という声。
少ない回数で新聞紙を何枚に分けることができるか、一生懸命相談していました。
0330_05.jpg
ゲームの後はちょっと考える時間。
7月6日のブラウニー集会でやりたい活動を考えて紙に書きました
リーダーはそのアイディアの中から計画を立てようと思います。
0330_06.jpg
30分過ぎにうどんねたに打ち粉をして伸ばし、製麺機か包丁で細く切り、
茹でて具と汁を合わせれば出来上がりです。
思ったより簡単にできたました。
100gでおわんに2杯分でした。ブラウニーなら50gずつでもおやつ代わりになる量ですね。
昼食なら1人100gで丼にいっぱいかな。
スカウトには包丁で一人ずつ自分の分を切ってもらう予定でしたが
Kリーダーの製麺機がすごい威力を発揮してすいすい麺ができてしまったのでした。笑
0330_07.jpg
0330_08.jpg
ブラウニーでも美味しいうどんが作れますね。
今度はジュニアも一緒に作ってみたいと思います。

ジュニア旅行に行ってきました

2019.03.26 Tuesday 【活動の報告

3/24にジュニア旅行で京都に行ってきました。

これは毎年行っているもので、6年生のスカウトが行き先、内容、交通などを
計画し、当日も「自分で考え」協力して他のジュニアを目的地まで案内する活動です。

 

0324-10-600.jpg

 

早朝5時15分に集合し電車に乗りました。

 

初めは京都名物の「おたべ」の手作り体験。
おたべの生地から作るのは初めてです。
みんな真剣な表情で創作おたべを作りました。

 

0324-01-600.jpg

 

0324-02-600.jpg

 

0324-03-600.jpg

 

0324-04-600.jpg

 

0324-05-600.jpg

 

0324-06-600.jpg

 

0324-07-600.jpg

 

0324-08-600.jpg

 

次に近くの京都防災センターに行き災害に関する勉強をしました。
災害はいつ起こるかわかりません。
私たちガールスカウトのモットーである「そなえよつねに」を大切に
日頃から防災をテーマにした活動を行い防災マイスターも持っています。

 

0324-11-600.jpg

 

0324-12-600.jpg

 

0324-13-600.jpg

 

お昼ごはんはみんなでラーメンを食べ、そして平安神宮に向かいました。
とても立派な建物で、6年生スカウト(春から中学生)は真剣にお参りする様子が素敵でした✨

 

0324-09-600.jpg

 

0324-10-600.jpg

 

最後は友禅染め体験でした。
好きな型紙を選び、その上からステンシルのように染料で染めていきます。
スカウト達は世界に一つだけの素敵なハンカチができてみんな大喜び!

 

0324-14-600.jpg

 

0324-15-600.jpg

 

0324-16-600.jpg

 

0324-17-600.jpg

 

帰りの電車は大混雑。でも早朝から歩き続けたためか疲れて車内で寝てしまいました。

 

今年度は6年生のスカウトが1人だけで計画も大変でしたが、
とても意欲的に京都を調べてくれて、当日も頑張って引率をしていました。
6年生が主役のジュニア旅行も無事に終えて、
卒業のいい思い出になったと思います(^ν^)

 

-----------------
引率リーダーSより

 

初めての引率で私も緊張していました。
特に、JRの時間に乗り遅れないかが一番の心配。

 

米原すぎまで座れない子達もいたけど、お腹がいっぱいになったら元気になりました。


帰りの電車の中で、五年生のスカウト達が、
来年はどこに行こうかな?と楽しみに話していました。

 

四年生のスカウト達は、初めての日帰り旅行で緊張していたようです。
お土産を買ったり、夕飯を自由に選んで。ドキドキの連続でした。

 

六年生のスカウトは、しっかりノートに書いて準備ばっちり。
ただ、一日中先頭を歩いてちょっと疲れた様子。

帰りの電車に乗ると、ほっとしたのか笑顔が見れました。

 

都会と福井との違いを聞いてみると、とにかく人が多い。

いろいろな国の言葉が聞こえてきた。
やっぱり福井が落ち着く。

などなど、五感で感じることができたようでした。

--------------------

引率リーダーYより

 

防災センターでの煙の体験は、初めてで大変貴重なものでした。
3グループに分かれて、リーダーが先頭に懐中電灯の光で進みました。


白煙でしたが前も後ろも見えず、スカウトも前が見えない。
リーダーどこ?どっち?と

みんながとても不安な気持ちになりました。

 

これが有毒ガスで黒い煙なら私たちは身動きが取れない状況になってました。

 

早めの非常口の確認と素早い行動が、

自分の命を守るということを改めて感じました。

福井の防災センターではできない体験でした。

 


防災出前出張に参加しました

2019.03.11 Monday 【活動の報告

3月10日
福井市連絡協議会が主催のKIZUNADAY(キズナデイ)の活動「防災出前授業」に28団も参加しました。
キズナデイとはガールスカウトが「3月11日東日本大震災を忘れない」という気持ちを持ち、

防災意識を高めようという日です。

毎年、3月11日に近い日程で開催しています。

今回はジュニア以上はDIG訓練、ブラウニー以下は防災クイズを体験しました。

 

0310_05-400.jpg

 

●ジュニア・シニア
8グループに分かれて、福井駅周辺の地図の上に、道路、水路、避難場所、避難所、

人を助けるために必要な道具がある場所・・・など、様々な条件のものがどこにあるかを、

グループで話し合いながらマジックで塗ったり、シールを貼ったりしていきました。


その後、「3月10日午前8時30分、マグニチュード7以上の大きな地震が発生しました」という想定のもと、時系列に「今、自分は何をするか」をグループ内で一人ずつ話していきました。

 

0310_06-400.jpg


「逃げようとした時、目の前に子どもが怪我をして泣いています。血が出ているようです。あなたはどうしますか?」
というようないくつかの想定シーンが問題として出され、
それぞれに「今、自分は何をするか」「何が一番大切な選択か」を考えていきました。

 

0310_07-400.jpg

 

途中で、グループでの話し合いを発表する時間があり、

司会の方が「誰か発表したい人はいますか?」と言うと、あちこちで手があがり、

28団のスカウトも積極的に発表してくれました。
28団は日頃から防災の活動を取り入れているので、意識が高いなぁと感じました。
司会の方も参加者たちの防災意識の高さにびっくりしていました。

 

●ブラウニー
最初は防災○×クイズでした。
いくつかの質問に対して、○の方と×の方に全員が移動して答え合わせをします。

 

次に、グループに分かれて、いろいろな道具のカードを広げ、問題の答えを話し合いながら決めていきました。
「地震がおきて、停電になってしまいました。道具カードの中から1つだけ、一番大事だと思うものを選んでください。」

などといった問題が出され、2分間の話し合いで道具を選んでいきます。

そして選んだ道具、その理由を手を上げて発表していきました。

ブラウニーたちも積極的に自分の意見を言うことができました。

日頃の防災の勉強が自信になっているように感じました。

 

0310_02-400.jpg

 

0310_04-400.jpg

 

0310_03-400.jpg

 

最後は合同で友情の輪をして活動を終了しました。

終了後、28団だけでサムシングレッド(赤いリボン)をつけて写真撮影。

KIZUNADAY(キズナデイ)を忘れないと意思表示しました。

 

0310_01.jpg

 

 

 

 

 

 


一年のふりかえり・チーフリング作り

2019.03.10 Sunday 【活動の報告

3月9日
今日は一年のふりかえりの時間でした。
一人ひとりの一年間の活動をふりかえり、どんなバッジが取得できるのかを話します。

 

0309_1-400.jpg


参加日数やキャンプ、活動内容などを見ながら、本人が納得いくように説明をしていきます。

次の年にはもう少し頑張って活動に取り組めるように励ましの言葉も添えます。

 

そして、もう一つ、リーダー達からスカウトそれぞれに誉め言葉のメッセージを伝える時間です。
これはスカウトの自己肯定感を高めるために行います。
スカウトは自分が褒められている間、少し気恥しいような、嬉しいような表情で聞いています。

リーダーはそんなスカウトの顔が大好きです。

 

 

待っている間に他のスカウトはクラフト作りでした。

今回は、ちょっと難しいプラバンで作るチーフリング。


あらかじめ作ってある型紙の通りにプラバンを切り抜いしていきます。
外枠はハサミで切ることができますが、内側はカッターを使ってくりぬきます。
カッターでの切り込みは力が必要なので、ブラウニーたちはリーダーに手伝ってもらいました。
ジュニアは自力で頑張ります。

 

0309_3-400.jpg

 

0309_4-400.jpg

 

0309_2-400.jpg


途中で、切りすぎて敗れてしまうプラバンもいくつかあり、活動時間内でなんとか全員できあがりました。
それぞれ個性があってとってもきれいでした。
自分だけのオリジナルのチーフリングができたね!
明日の活動には、このリングをつけて参加するはずです。

 

 


6年生の集い「Lift off! 冒険の旅 〜ガールスカウトジャーニー〜」

2019.02.24 Sunday 【活動の報告

2月23日、県連盟の6年生の集いに28団の6年生も参加しました。

テーマは「Lift off! 冒険の旅 〜ガールスカウトジャーニー〜」

宇宙旅行に見立てた活動に楽しく参加しました。

 

0224-01.jpg

 

NASAゲームでは宇宙船が月で不時着してしまい、

残された品物10品の優先順位を話し合って決めていくというものでした。

最初はなかなか話し合いができず大丈夫かな?と見守っていましたが、

時間が経つにつれて少しずつ話し合いができるようになっていきました。

 

お昼は非常食ならぬおにぎり作り。自分の分を作って食べました。

非常時に困らないように防災ポーチも作り何を入れておくかも考えました。

 

0224-02.jpg

 

そして後半にばいさべ実行委員のレンジャースカウトが駆けつけてくれ、

ジェンダーについて考えるアクティビティを参加者に実施しました。

パトロールでの話し合いもようやく活発に行われていました。

最後に3月末のばいさべ委員会主催のシニアレンジャー宿泊集会へのお誘いと
4月からの次年度の年長事業などのお知らせを聞いて、次の再開を誓い集会を終えました。

 

0224-03.jpg

 

0224-04.jpg

 

28団の6年生は3月にはジュニア旅行の企画実施担当なので張り切っています。

シニアになることも楽しみにしている頼もしいスカウトです。

 



★記事の検索

★カテゴリー

★カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

★最新記事

★おすすめリンク

★過去の記事

★profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM