福井県連盟主催のジュニアのつどいに参加しました。

2019.07.14 Sunday 【活動の報告

7/14(日)福井市少年自然の家でジュニアのつどいがありました。

今回はSDGsについての活動です。

 

福井県連盟のジュニアが60名ちかく参加しました。

28団からは12名+リーダー2名が参加しました。

 

いつもの団の仲間ではなく、初めましてになるように

1パトロールに1人、もしくは2人に分かれていました。

※各々の力を発揮することを期待して、うれしいパトロール分けでした。

 

28団では昨年度、環境マークの活動やシンキングディの活動の中で

SDGsのことをみんなで話あったりしてますが

おそらくみんな緊張の中での参加だったと思います。

 

まずは緊張を解き、気持ちを盛り上げ、

新く出会ったいスカウトとのコミュニケーションの促進を図るための

チームビルディングです。

 

ひもや新聞紙を使って、協力しながら、ほかのパトロールと競争するチームビルディングでした。

 

 

新聞紙で丈夫で長いひもを作り、手をつないだまま、ひもを渡していきます。

チームワークが必要です。新聞紙が破れないか、

見ているだけでもハラハラドキドキでした。

 

それが終わったら生ごみクイズ

今日のお昼のスープを作るための材料から出るゴミの重さを

みんなで予測します。※最後に答え合わせがあります。

 

 

リーダーからSDGsの話を聞いてから

ゲームに取り組みます。

 


「お笑い」「AI」「スマホ」「温泉」「メディア」「飛行機」などのカードが

1人3枚ずつ配り、次に解決をしたい内容のカードが配られ

前の人の解決策をもとに、自分のカードを使って次に話をつなげていくという、

ちょっと難しいけどなんでもありのとても楽しい意見を出しあいました。

 

なかなか持続可能な解決目標とまではいきませんが、

スカウト1人1人が真剣に考えることは、今後の力になっていくと思いました。

 

そして生ごみは524グラムでした。

おおよそ100〜250gまでの予想が多い中、

1チームが500g以上の重さを予測してました。

出来るだけ、ゴミを出さないように気を付けていても

ゴミが出てしまうということを知らなければなりませんね。

 

 

おやつはフェアトレードのチョコレートです。

 

 

私たちに今できることを、沢山考えた一日だったと思います。

 

スカウトのふりかえり(一部)

 

1)集会に参加して気づいたことは?

・いろんな状況でも解決できるんだなと思いました。

・自分の考えたこと以外に友達の意見があった。

・世界に様々な問題があるということ。

・世界ではいろいろな活動をしているということに気づきました。

・自分にも出来ることがある。

・日常の生活にも大切なことが隠れていることが分かりました。

 

2)あなたが出来ること

・トイレの水は何度も流さない

・蛇口をこまめに閉める

・買い物にエコバックを使う

・袋をもらわない。

・コンセントや電気はこまめに節約するようにする

・食べ残しをへらしたいです。

・ポイすてしない。

・ゴミを分別する

・使い捨てをしないでずっと使えると思うものを買うようにしたいと思います

 

 

1人1人の心がけて、そして周りの人にも伝えることで、

2030年が安心して迎えられるようにしていきたいですね。

 

 

 



★記事の検索

★カテゴリー

★カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

★最新記事

★おすすめリンク

★過去の記事

★profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM